読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆◇◆日々是好日◆◇◆

今という時間は今しか無い。人は今に生きているのだ。太陽光ソーラーフロンティア4.59kWのことを綴っています。

太陽光発電の訪問販売って大丈夫なの? ここでは、そのやり取りなどのすべてをお送りします。

太陽光発電 太陽光発電あれこれ

2015年、9月某日!

彼らは不意にやってきた。

 

ぴんぽーん♪ ピンポーン♪

ある日の午後。昼下がり のまったりタイムに水を差す呼び鈴。

その日は休日でたまたま家でのんびりと寛いでいたのでした。

誰だろう?と思いつつ玄関へ。

玄関を開けると・・・やたらと愛想のいい中年男性2名。

「はじめまして。私、地元で太陽光の営業をして回っている

○○と××と申します。今、お時間の方よろしいですか?」

 

 

普段ならこの手の訪問販売の輩など相手にしないのですが

その日は休日で暇をしていたこともあり、暇つぶしの相手でもしてみようかと思い

「少しだけなら、かまいませんよ。」と話だけでも聞いてみることに。

 

話が長かったので要約してみると

・実際に寸法を測ってみると、お宅の家の屋根は、屋根の方角、大きさなどから極めて

 太陽光発電に向いている。        

・将来的に電気代が上がるから今のうちにソーラー発電をつけておくと十分にメリット

 が出る。

・地元で活動している当社は不意のトラブルにでも迅速に対応します。

 高額な買い物なので是非、地元で信頼のある当社で施工しませんか?

 

この3点を色々な資料を提示しながら、矢継ぎ早に、それこそ、こちらを畳みこんで来るが如くの説明の嵐(笑)

 

そりゃあ、営業さんだもんね。契約取りたいのは山々だし熱の入った説明もわかる!

でも、飛び込みでいきなり来て即契約なんてありえないでしょ?

ソーラー発電って、高額なものとご自分たちでも、おっしゃっておられましたよね。

 

「いかんせん、金額が金額なもので私個人の判断では如何ともしがたいです。家内の了承も得ないとね。だから、家内が納得できる資料を作成して頂き、またお越しになって下さいね」とこの日は、お引き取りをお願いしました。

 

彼らが来襲して約2時間。どっと疲れの出た一日となりました。

 

彼ら(太陽光セールス)が帰ったその夜、家内に話を振ってみました。

「今日ね、ソーラー発電のセールスが来たんよ。で、この資料を持ってきたんだけど・・・。」

 「今忙しいから後でね。でも、ソーラー発電なんてつけるお金ないよ。」

と予想通りの返事が。そりゃあ、そうだわなぁ。自分自身もソーラー発電

なんて、興味なかったしなぁ。でも、何日かしたら彼らは、また来るんだろうなぁ。

などど思いつつも、断る材料でも探しておこうかと勉強を始めたのでございます。

 

今まで興味もなかったのでソーラー発電とはなんぞや?ってところからのスタート

です。もちろん、太陽光パネルで発電してうんたらかんたら。ってことは知っていましたが、さぁ、ネットを駆使して彼等の粗でも探してみましょうかね。

 

先ずは相場から。

<<太陽光 設置 金額>> にて検索!

ざっと見る限り金額はパネルの容量に応じて上下するそうで

工事総額÷搭載パネル量で計算して、1kW○○万円と計算するのだそう。

ちなみに適正相場は平成27年度では1Kwあたり約30万円とのこと。

(5kW搭載ならば、約1,500,000円だと適正金額らしい)

この金額以上になると10年でペイ出来ないらしい?10年でペイって?

なんで10年なの?パネルの寿命が10年なの?と最初からつまづきました。

 

これは本格的に勉強しなくては!と一念発起。スイッチが入りました。

 

 

スポンサーリンク