読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

◆◇◆日々是好日◆◇◆

今という時間は今しか無い。人は今に生きているのだ。太陽光ソーラーフロンティア4.59kWのことを綴っています。

太陽光発電悪徳業者撃退その後。太陽光発電導入を本格的に検討!まずはシミュレーション。

訪問販売でのセールスをお断りしたものの、彼らが提案してきた発電シュミレーション

また、返済計画について彼らの資料をもとに再検討してみました。

我が家で太陽光を設置する場合には、どうすれば今の支払いより足が出ないで済むか?

色々と検討してみました。我が家の屋根では、当然10Kw未満のパネルしか載せることができない為、余剰買取制度を利用したものになります。

 

今現在の我が家(オール電化、ファミリータイム プランⅠ)

家庭で消費した電気代が実際の電力会社からの請求となります。

H27年2月~H27年9月までの請求額の平均が14,000円/月

 

 

 

 

太陽光を設置するとしたら、どうなるのか?

 

 

①(日中の太陽光で発電した電力)ー(日中に使用した電力)=余剰電力(売電分)

②(夜間に使用した電力量+太陽光の発電のない時に使用した電力)=電気代請求金額

③(ソーラーローン支払い分)

 

②+③ー①≦14,000円 となれば、家内の了承ももらえるはず。

 

では、実際の数字(あくまでシミュ上)を当てはめてみました。

太陽光パネル4kw搭載したとすると、予想年間発電量 4Kw×1,100=4400kw

全発電量の自家消費分を35%とすると年間売電金額は

{4400×(1-0.35)}×35円=100,100円

①1カ月平均売電金額 100,100円÷12=約8,300円/月

②電気代削減分1カ月当たり約5,000円とすると、14,000ー5000=9,000円

 月々の電気の平均請求金額は約9,000円

③ソーラー支払い 約11,300円/月(導入総額120万円。10年ローン、利2.5%で計算)

 9,000+11,300-8300=12,000円

 

現状の電気代の請求金額より少ないではありませんか。

これは、いけるのでは?

 

早速、家内に相談してみました。

「ソーラー入れると、今より支出が減るどころか逆に増える計算になるよ。月によってはマイナスが出る月があるかもだけど、月々でならすと絶対にマイナスになるようなことはないかと思うんだけど。ちょっと話進めてみていいかな?最終判断は、業者と導入金額をみてからだけどね。」

「マイナスが出ないのならいいよ。やってみたらどう?」とありがたい言葉。

 

早速、本格的に動いてみましょうかね。

まずは、業者選定から。どこにしようか?まったくあてなどないのですが、ここで価格コムの口コミにて相談してみました。

相談の結果、タイナビ、ソーラーパートナーなどのソーラーの一括見積もりサイトを

利用してみてはどうですかとのアドバイスがありました。

 

早速、タイナビを利用して一括見積もりスタートです。

スポンサーリンク